ニュース投稿による生存確認

2017年4月27日

我々のように24時間365日お休みのないサービス(をお持ちのクライアント)を請け負っていますと、自社HPを放置するというのは業界あるあるなのですが、今回は放置が長すぎて取引先からつっこまれてしまいました…。

前回に投稿したのは1年以上前(!)、あっという間です。相変わらずこの座席予約システムを中心とし、自動券売機のリリースや他アプリのアップデート、新規案件への着手などが続き、気がつけばもうGW目前です。当然ですがお休みはありません!

今年は座席予約システムのAWS化(おかげさまでこのクライアント様の業界では最速最強との評価も…)が順調なことをうけ、館内システムもすべてフルクラウド化するプロジェクトに取り組んでいます。昨今のセキュリティリスクへの対策としては当然の選択ではありますが、その裏には取得データが増えたことやそうしたデータを活用した取り組みの重要性が高まっていること、が挙げられます。
本プロジェクトもBIツールを利用したデータレポーティングを定常的に行っていて、マーケティングの視線をCRMに据えているところです。フルクラウド化というのは、顧客が増え、顧客データが増え、売上も当然ながら増え、ということでリスク回避とシステムの適正化の意味で非常にまっとうな進化なわけですが、こうして売上に寄与するデータが増えたらそれを分析しないといけないのも当然というわけです。

よって、今回はフルクラウド化をすすめながらマーケティングも煮詰めていく、というプロジェクト形式ですすめているわけです。毎日数字ばっかり見ている気がしますねー

わかっていたことでも数字が見えれば判断の速度や正確性もアップしますし、気づかなかったことが見えてくることもあります。データマーケティングの有用性というのがどこにあるのかわかるほど経験はありませんが、同じクライアント様と長く仕事をしていくうちに、その必要性重要性をひしひしと感じ始めたのが昨年です。今年はこのマーケのところをしっかり完成させておかないと、と思っています。

次の更新はいつになるかわかりませんが、取り急ぎ生存確認がわりまで。